営業レポート

一点物の精密機器輸送

2015年02月02日

天文台岡山?

歳をとったせいなのか・・・・もう1月が終わって2月に突入しました。
月日が経つのが、おそろしく早いのであります(笑)
このまま2月を駆け抜けて3月の 「繁忙期」 に突入するのが目に浮かぶのであります。  
十分 体調管理はしっかりしていきたいですな・・・・。


さて今回の写真は、昨年12月に輸送した際の写真掲載になるのであります。
三鷹市から岡山県浅口市への輸送行程で、三鷹市でお客様の大切な精密機器をエアキャップ
にて梱包してその上からストレッチフィルムを巻いている写真なのであります。

今回の輸送のお話が始めてあったのが昨年の5月 ゴールデンウィークが明けた頃でした。
その頃は、輸送する精密機器の設計をし始めた頃で正確な寸法が不明だったのであります。                                
何回か担当者様へ打合せをして、精密機器が完成した際も現物をチェックをして、その情報を
TS(テクニカルサポーター)にフィードバックをしたのであります。そうする事によって居室からトラック
までの経路や、トラックへの積み付けがスムーズに運ぶのであります。

やはり全ては、お客様の喜ぶ顔が見たい一身での行動なのであります。
そして お客様より 「次もお願いしますね」と言われたら、これほど嬉しい事はないのであります。
日々の積み重ねになると思いますが、常にお客様が喜んで頂けるには どういう行動を取るべき
かを頭に入れて仕事をしていきたいのであります。


*テクニカルサポーターとは、当社のお客様の大切な精密機器輸送全般を担当する

社員をこの様に定義しているのであります。